神のミソ汁のセカイ

大学生活のことや技術的な備忘録を残してます

Sublime TextでTeXをコンパイル

大学のレポート作りや各種資料はTeXを使って書くのだけどいちいちターミナルから

 platex hoge.tex
 dvipdfmx hoge.dvi

と打ってpdfを作るのはめんどくさい。

普段sublime text3で書いているのでLatexToolなるパッケージを入れたけどエラーが出てうまくpdfが生成されない。

仕方がないのでLatexToolを使うのを諦めてsublime-buildファイルを使ってTeXのbuildファイルを自作することにした。

buildファイルの作り方

SublimeTextを起動してメニューバーから

[Tools] -> [Build System] -> [new Build System]

をクリック。すると新しいsublime-buildファイルが開かれる。

その中にMacでは次のように書く。

{
	"cmd": [
		"platex $file_name && dvipdfmx $file_base_name.dvi && open -a Skim.app $file_base_name.pdf" ],
	"file_regex": "^(...*?):([0-9]+): ([0-9]*)([^\\.]+)",
	"path": "$PATH:/Library/TeX/texbin:/usr/texbin:/usr/local/bin:/opt/local/bin",
	"selector": "source.tex",
	"shell": true
}

Windowsだとこんな感じ。

{
    "path" : "C:\\w32tex\\bin",
    "cmd" : ["platex", "$file","-interaction=nonstopmode", "&",
            "dvipdfmx", "$file_base_name.dvi", "&",
            "SumatraPDF", "-reuse-instance", "$file_base_name.pdf"],
    "selector": "source.tex",
    "shell" : true,
    "encoding": "utf-8",
}

pathにはtex関係のファイルが置いてあるディレクトリを指定する。(環境とかインストールしたtexによって変わるから注意)
windowsでは念のため文字コードutf-8に指定している。

MacだとSkim,WindowsではSmatoraPDFをインストールして上記のように書いておくとコンパイル後にPDFを開いてくれて便利。

これをMyLatex.sublime-buildとか名前を付けて
Macなら

/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/User

Windowsなら

C:\Users\hoge\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\User

に保存。

これでtexファイルを開いたときに[Tools] -> [Build System]でMyLatexを選択すればCommand+B(WindowsだとCtrl+B)でpdfを生成できる。

以上です。では、また